FC2ブログ

【ダイスの神】トラウマ

16_4_9イオン
 回線の不安定さの関係か、見る回数の増えたこの光景がトラウマになりつつあります。復帰して急いでタップして間に合えばまだいい方です。大抵は勝手に転がって行くダイスを成す術もなく眺めることとなります。例え間に合ったとしても、状況の変化を把握しきれないまま慌ててダイスを転がすだけなので、似たようなものかもしれません。最悪の場合は下に[ 出る ]ボタンが出ています。
 そういうゲーム性を除いても、なかなかにトラウマな光景だと思われます。漆黒の闇の中に、浮かぶダイスがただひとつ。突然、ジーニアスゲーム(公式名称不明)で数えきれないほど耳にした諸々のアナウンスが、雪崩のように襲い掛かってきて意識が戻る。怖いです。「進行中のゲームに接続しています」の文章がなければ相当に怖いです。

 データダウンロード中に見られるストーリーの中に、こういうシーンがあります。
ストーリー画像
この人も今、上のような光景の中をさまよっているのでしょうか。

テーマ : ダイスの神
ジャンル : ゲーム

【マトリ・記憶ノカケラ】少女とねこ

少女とねこ
16_4_21少女ねこ
 以前、攻略記事を載せたゲーム、マトリ「記憶のカケラ」(その他のこと・マトリ「記憶ノカケラ」カテゴリ参照)より、主人公コンビです。
この先はネタバレでも構わない方のみお読みください。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

【ダイスの神】不完全なリモコン

不完全なリモコン
16_4_21金髪さん
(まだだ、例えカードのオファーが来ても正式に黒い封筒が届くまではまだ信じるな、参戦が決まったわけじゃないんだまだ喜ぶな、ていうか誤差800%のリモコンって普通にリコールするべきだと思うんだけど誰が買ってきたんだこれ)

 すっかり疑心暗鬼に陥る金髪さん(と私)の図です。紫・バラ・金髪ウェーブと来たら金髪さんしか考えられないのですが、また顔が変わっています。しかも目の色まで変わっています。
歴代金髪さん
参戦してくれるとしたら、この7代目金髪さんが来るのでしょうか。

テーマ : ダイスの神
ジャンル : ゲーム

【ダイスの神】タイトル画面中央左ちゃん

タイトル画面中央左ちゃん
16_4_7タイトル画面中央左ちゃん

 通常タイトル画面の中央左にいる女の子を描いてみました。なんだか初期選択キャラのような雰囲気です。

タイトル画面中央左

 金髪さんにバラを渡されて、何もそんなに嫌がらなくてもと思うほど嫌がっているこの子です。服装からして、良家のお嬢様なのかもしれません。ジーニアスゲーム(公式名称不明)を競技として真剣に楽しんでいるのかもしれません。そんな子が、あろうことか競技中の男性に軽薄に近づかれたら、確かに閉口してしまうかもしれません。

 ↑この記事はまだ海賊イベントの時に書いたもので、この後金髪さん参戦の可能性が高まる事など夢にも思っていませんでした。果たして金髪さんはこういう女たらしキャラで出てくるのか、この時の予想が当たって正統派美青年で出てくるのか、そもそも参戦してくれるのか。気が気ではありません。

テーマ : ダイスの神
ジャンル : ゲーム

【ダイスの神】深夜の和室にて

 ジーニアスリーグ参加者には、当然特別な個室が用意されていると思うのです。一流ホテル並の内装で、ふっかふかのベッドなどがあると思うのです。イサベルあたりにとっては珍しくもないと思われますが、リンウェイなどはそれだけで大はしゃぎだと思うのです。
16_4_6リンウェイ
で、ひとしきりはしゃいだ後は、












16_4_6リンレイ
「リンウェイよ、お前ここで寝るのか?」
「ベッドがふわふわし過ぎてて落ち着かないんです…」

こうなると思うのです。

テーマ : ダイスの神
ジャンル : ゲーム

【ダイスの神】信頼度抜群

信頼度抜群
16_4_19トラマリ
「このお屋敷って、もろに怖いお化けとか出そうでやだよ…」
「あ、いなかったって言ってたので大丈夫ですよ」
「え?」
「姉が」
「え?」

 トーリーの存在って、どれくらい認識されているのでしょうか。ブラックローズとイサベルしか認識していないとしたら、時間切れが迫る度に「姉ちゃん!」と叫ぶトーラーは、周りにどのように受け取られているのでしょうか。

 話は変わりますが、新スキルカード「だんだん」が出ました。絵は、今回の大型アップデートにてSNSやアプリのアイコンに選ばれた女の子です。モブキャラがカードのメインになる事はあっても、モブキャラがアイコンに選ばれる事があるでしょうか…あまりないような気がします。やはり、この子が次の参戦キャラなのでしょうか。だとしたら、アンソニーの参戦翌日立ち絵追加をはるかに飛び越え、参戦前からアップ絵お披露目、というとんでもない待遇となります。しかも、ルーシーの立ち絵もまだ発表されていない状況の中で、です。絵からひしひしと漂う「今回はこの子を推していきます」感に、更に拍車がかかっているような気がします。別に推しても全く構わないのですが、そのせいで金髪さんが割を食うとか、最悪の場合参戦無しで、今回のストーリーのみ担当などと言う事になったら、本当にどうにかなってしまいそうです。考えただけでもちょっといけません。運営さん、本当にお願いします。

テーマ : ダイスの神
ジャンル : ゲーム

【ダイスの神】チャイナ・マリーと銀糸巻

チャイナ・マリー
16_4_6マリー
 髪型的に似合いそうな気がする、と前々から思っていたので描いてみました。
 ちなみに、せいろのなかに入っているのは「銀糸巻」という蒸しパンです。本で知った食べ物ですが、蒸しパンの中には、糸のように細く伸ばした蒸しパンがぎっしり詰まっているそうです。要するに蒸しパンじゃん、と思った人も多いと思います。私もそう思いました。私は元々好きなので、それでも大歓迎なのですが、そうでもない人にとってはただの蒸しパンに過ぎない気がします。しかし、これが美味しいらしいのです。本の筆者は大絶賛。そんなに美味しいのかと興味津々になったのですが、非情なことに、日本に帰国してから探し当てて食べた銀糸巻は、とても比較に値しなかったそうです。そう書かれてしまうと手も足も出ません。ネットで売られていることは売られていますが、筆者の絶賛した本場の銀糸巻と違うのは、私でも分かります。食べてみたいです、本場の銀糸巻…。

テーマ : ダイスの神
ジャンル : ゲーム

【MATRE・マトリ】記憶ノカケラ本編攻略7/7

 「記憶のカケラ」本編攻略の続きです。

マップ
本編マップ7

①前回の飛行より、ここに着地した所から始めます。上方へ進んで下さい。記憶を回収し、段差を降りますが、このあたりでセーブしておいた方が良いと思います。段差を降りて少し進むと、クリーチャーが出現して追いかけてきます。奥で待っている少女にたどり着き、下りの梯子に手をかければ安全となります。道が広い事と、操作の慣れで、決して難しい方ではないはずです。
 梯子を降りると、全15個の飛び石が並ぶ場所に入ります。ここではアクションポイントの線は省略していますが、互いにジャンプして移動し合う事が出来ます。ただし、×の付いている石は2段重なっているので、ジャンプして乗る事は出来ません。中央奥の飛び石をどうにかしなければ進行出来ません。
 まず、少女と2人で、★の飛び石に乗ります。すると音がして、右下の2段の石が1段に下がります。その下がった石へ乗ると、今度は中央奥の石が1段に下がります。ただし、真ん中に並ぶ「+」のついた石に乗ると、その時点でリセットされてしまうようです。石を飛ぶ順番を、石の間に番号で記しましたので、その順に飛んで、記憶を回収しつつ奥へ進んで下さい。

②このあたりでセーブしておいた方が良いと思います。次の段差を降りて少し進むと、またクリーチャーが追いかけてきます。さっきと同じように、少女にたどり着いて梯子に手をかければ安全となります。ここまで来られたなら、難しくないはずです。梯子を下り、記憶を回収してさらに進むと、奥の緑色部に機械があります。一応書いておくと、ここはダブルアクションです。私はそのことに気付かず、再び制作者に泣きついたという恥ずかしい思い出があります。こんな不注意は私だけかもしれませんが、一応書いておきます。ダブルアクションです。
 すると、パスワードを求められます。下に羅列された文字をクリックして入力する方式です。今までの旅と、文字候補で大体分かると思われますが、パスワードは「Key-A」です。ドアが開いて広い空間に出ます。そして、真ん中にある小さな機械に触れると、機械が作動してもう一度パスワードを求められます。これも大体分かると思われますが、パスワードは「RE:RE:e」です。

これにて、ねこと少女の長い旅は終わり、となります。

正直、「序盤でこの難易度ではクリア出来ない、本編はやめた方がいい」と思ったのですが、実際、泣きついたのでそれは当たっていたのですが、何だかんだでとうとうここまでたどり着くことが出来ました。私みたいなダメ人間でも…と少し感動しました。エンディングの会話が良かったです。

この攻略記事が、誰かの役に立ちますように。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

【MATRE・マトリ】記憶ノカケラ本編攻略6/7

 「記憶のカケラ」本編攻略の続きです。

マップ
本編マップ6

①前回の飛行より、ここに着地した所から始めます。上方へ進んで下さい。記憶を回収し、地下鉄跡を左によけて進みます。途中、左に異質な壁(破線部)がありますが、今は放置して上方へ進んで下さい。
 道なりに進むと、赤い★のあたりで、巨大な岩が降ってきて、少女と分断されてしまいます。

②分かれ道があります。どちらから進んでも良いですが、下方から進むことにします。行き止まりの分かれ道がありますがそれは放置して、段差を降り、奥にあるレバーを引きます。すると、地下鉄跡の地下鉄がずれて、地下鉄跡内の破線部に新たな道が出来ます。②まで戻って、左方へ進んで下さい。
 2本の橋で繋がれた2つの道があります。まず記憶を回収して下さい。そして、2つの道の奥にある段差を登って、レバーを降ろして下さい。レバーを2つとも降ろすと、先程放置した異質な壁が開いて、道となります。新たに開いた2つの道を通って、③へ進んで下さい。

③柵の向こうに分断された少女がいます。その他、分かれ道があります。左方へ進む道ではまだ何もできないので、下方へ進みます。道が更に2つに分かれていますが、どちらの道も、奥はレバーとなっています。2つとも降ろして下さい。ただし、2つ目のレバーを降ろす前に、セーブしておいた方がいいと思います。
 レバーを2つ降ろすと、少女を閉じ込めていた柵が開きますが、同時にクリーチャーが少女を追いかけ始めます。ここからしばらくセーブが出来なくなります。③へ戻って、右方のワイヤーカッター(wire cutter)を回収し、左方へ進んで下さい。マップが重なっているので、◇で繋げている部分へ移って下さい。

④左方へと進めますが、今はまだ何も出来ないので、下方へ進んで下さい。分かれ道がありますが、どちらへ進んでも着く場所は同じです。更に奥に進むと、クリーチャーに追い詰められた少女が助けを求めますが、助けに駆け寄ってはいけません。妙に多彩な少女の死亡シーンの中でも、地味に精神にくる方法で殺されてしまいます。具体的に言うと、2本の触手で、頭を両脇から貫かれます。怖いです。なので、無慈悲ですが少女は無視し、更に奥に行って段差を登り、奥のワイヤーを巻いた円筒?のようなものに、ワイヤーカッターを使います。すると、クリーチャーの上に岩が落ちて、少女は間一髪で助かります。
 少女と合流して、部屋の奥の梯子を下り、水に囲まれた場所で記憶とバルブ(bulb)を回収して下さい。少し遠いですが、④へと戻って左方へ進み、バルブを設置して動かして下さい。放水路の水位が下がり、マップ左下に新しい梯子(赤破線部)が出現します。新しい梯子まで行って下り、記憶を回収して、「飛行」から滑空飛行へ入って下さい。直前でセーブしておいた方がいいと思います。

・滑空飛行
 ここも、前回と同じく易しめです。ただ、分かれ道の選択を誤ると落下してしまうので、運が必要です。他、道はやはり広くないので、あまり油断し過ぎないように飛行して下さい。分かれ道は以下のように進んで下さい。

左→右→右→左→左

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

【MATRE・マトリ】記憶ノカケラ本編攻略5/7

 「記憶のカケラ」本編攻略の続きです。

マップ
本編マップ5

①前回の川流れより、ここに着地した所から始めます。記憶を回収しつつ、上方へ進んで下さい。

②分かれ道があります。マップが重なっているので、◇で繋げている部分に移って下さい。分かれ道の下方へ進むと、更に道が3つに分かれていますが、両端の道は記憶があるのみで、真ん中は、謎の機械があります。アイテムがないので何も出来ませんが、記憶だけ先に回収しに行っても良いと思います。
 上方へ進むと、更に左方への分かれ道があります。まずは、左方へ進んで下さい。奥へ進むと、アイテムのcubeが回収できます。②付近の分かれ道へ戻って更に奥に進んで、記憶を回収していない時は回収して、謎の機械にcubeをつけて下さい。マップ上方の道の奥に、梯子つきの壁が出現します。マップ上方の奥へと上り続け、梯子を上り、「飛行」へたどり着いたら滑空飛行に入って下さい。一応直前のセーブはしておいた方が良いと思います。

・滑空飛行
 前回の地獄が嘘のように、易しめとなっています。分かれ道は、私は左→左で進行しました。次のマップへ着地して下さい。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

福元

Author:福元
お越し下さりありがとうございます
ダメ人間なりに必死でやっています
楽しんで頂ければ幸いです
生きててごめんなさい、でも頑張ります

紙魚のことやダイスの神のことに関するアドバイス等ありましたら、是非お教え頂きたく思います。ただ、対人緊張症で温かいメールが来ても震え上がる情けなさなので、基本的に生暖かく見守ってやって下さい。
fukumotoshimiko@gmail.com

紙魚以外のこと
pixivのキャラクター図鑑(珍獣のイラスト等。現行の珍獣コンテンツ)
キャラクター図鑑(珍獣のイラスト等。珍獣コンテンツの元祖)
やりとかげ(珍獣が出てくる四コマ漫画)

 

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示