FC2ブログ

【ダイスの神】前蹴りっ☆ 後ろ蹴りっ☆ 回し蹴りっ☆

 私は普段、冒頭の広告やイベントアイテムの内容をあまりよく読んでいません。雲の上の存在だと思っているからです。よって、試合中に指名手配書が何枚か手に入っても、「製作でレアアイテムと一緒にこの子達に使ってあげるんだろうなぁ」くらいにしか思っていませんでした。ところが。よく見ると、指名手配書を30枚集めればこの子達が来てくれる、という事に気付きました。当然、おっとり刀で会場に駆け込んで入り浸り始めました。「違法発明品」「支援金回収」「納税」(※16.5.6追記:当時は結局使う機会が来ずに気付かなかったのですが、納税は自分には使えません。申し訳ありません)「プロギャンブラー」などの、特定のマスに必ず行けるスキルカードを突っ込んで、ダイスコントロールは、誰の都市だろうがおかまいなしに、狙うは手配書のみ。使った無料チャージの回数は覚えていません。リーグ側から目を付けられてもおかしくないくらいの数だと思います。そして、めでたく3人とも迎える事が出来ました。資料集の作成も少し進める事が出来ました。
 しかし、問題はここからです。私はソフィアを使ってみたいと憧れていたので、さっそくホームに出してみました。そしてつついてみたのですが、
 声が可愛すぎる。
 なんと言いますか、こんな感じがする。
16_2_24ソフィ
 私のイラストを見て下さっている方(本当にありがとうございます)なら何となく分かって頂けると思うのですが、私は、ソフィアを姉御キャラとしてドスの利いた声をイメージしていたので、これは脳天を貫くような衝撃でした。モバイルゲーム「モバマス」でも、キャラが登場してしばらく経ってから声優が決められるような流れなので、声のイメージと実際の声の乖離に苦悶する状況がしばしば発生します。あまり詳しくは知りませんが、輿水幸子や佐久間まゆの時が顕著だったように思います。当時の私は声をあまり気にしていなかったので、「確かにイメージより高いね」くらいの軽さでしかとらえていませんでした。長い時を経て今、あの時の自分を殴りたいと心から思いました。
 おそらく、ソフィア参戦時(私がまだダイスの神を知らない時)にも、似たような意見があったのではないかと思います。しかし、私が始めた時はちょうどイサベルが参戦したあたりだったので、イサベルの声についての同じような意見で占められていて、ソフィアの声についての情報は全く分かりませんでした。逆に言うと、イサベルの声についてはある程度心の準備をする事が出来たので、そこまで衝撃は受けませんでした。確かにイサベルも、立ち絵と声があまり合っていない感じがします。なんと言いますか、こんな感じでしょうか。でも、試合中の仕草とはわりと合っていると思います。
16_2_24イサ
 ともかく、これがソフィアの声なのですから、受け入れる他ありません。ここらへんのアタリメ食べてそうなソフィアは忘れなければなりません。このあたりとかこのあたりのメリケンサックでも使い出しそうなソフィアも忘れなければなりません。そもそも15才の女の子に姉御もへったくれもありません、求める私が阿呆なのです。15才の女の子の声としてはしごく真っ当ではありませんか。そんな事を延々と考えながらホームをつつき倒していたら、何だかこれはこれで行けそうな気がしてきました。15才の若い声の中に、姉御肌の片鱗をうかがわせています。よく考えたら、試合中の仕草は姉御肌っぽいのですから、イメージとしては間違っていないはずなのです。ただ、声を年令より少し多くイメージし過ぎただけなのです。大人になったら、アタリメ食ってメリケンサック使うかどうかは別として、私が最初にイメージしていた声に落ち着きそうな感じがします。これで、大分受け入れられるようになりました。そういえば、モバマスの苦悩の人達も、「慣れたら全然いけるようになった」と落ち着いていたことを思い出しました。今、その人達と気持ちを通い合わせながら、はっきりと言えます。
 ソフィア、可愛いよ、ソフィア。
スポンサーサイト



テーマ : ダイスの神
ジャンル : ゲーム

プロフィール

福元

Author:福元
お越し下さりありがとうございます
ダメ人間なりに必死でやっています
楽しんで頂ければ幸いです
生きててごめんなさい、でも頑張ります

紙魚のことやダイスの神のことに関するアドバイス等ありましたら、是非お教え頂きたく思います。ただ、対人緊張症で温かいメールが来ても震え上がる情けなさなので、基本的に生暖かく見守ってやって下さい。
fukumotoshimiko@gmail.com

紙魚以外のこと
pixivのキャラクター図鑑(珍獣のイラスト等。現行の珍獣コンテンツ)
キャラクター図鑑(珍獣のイラスト等。珍獣コンテンツの元祖)
やりとかげ(珍獣が出てくる四コマ漫画)

 

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示