FC2ブログ

【手塚治虫】「ルートヴィヒ・B」のフランツとボーイズラブについて

16_4_3フランツ
 手塚治虫作「ルートヴィヒ・B」より、もう一人の主人公フランツです。 広告を見て「ダイスの神」をプレイする前は、こういう服装のキャラが出てくるのだろうな、とぼんやり思っていました。蓋を開けてみると全く違ったのですが、それでもキャラクター達にすっかり魅せられ、今のブログのような状態です。でもやっぱり、こういう服装のキャラクターも参戦して欲しいです。
 本題に戻ります。本作を読む度に考えるのが、手塚治虫先生と、ボーイズラブのつながりです。本作中盤あたりに、フランツと騎士長の話があります。高飛車でプライドの高いフランツですが、騎士長から騎士としての腕を散々にこき下ろされ、戦争にも関わらず留守番扱いを受けます。激昂したフランツは、騎士長を追って密かに戦地に赴きますが、結局、満身創痍で処刑寸前の騎士長を助け、2人で着の身着のまま逃げる事となります。道中で騎士長を介抱し、見捨てるに見捨てられない赤子を保護し、ミルクを求めてヤギを追いかけまわして乳搾りをし、敵軍に見つかりそうになった時は女装をして切り抜けます。
 この話を読む度に、どうしてもボーイズラブやら何やらを連想してしまうのです。当時、いわゆる腐女子という人達がどれくらいいたのかさっぱり分からないのですが、「手塚治虫先生、意識して描いたのかな?」と思えてならないのです。「MW」では直接的なホモセクシャル描写があるのですが、下手するとそれよりも想像を掻き立てられます。これも、漫画の神様の技量によるものなのでしょうか。この話は腐女子を意識して描いたのか?かなり真剣に気になるのですが、火の鳥がやる気になってくれない限り、永遠に謎のままです。
スポンサーサイト



テーマ : 手塚治虫
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

福元

Author:福元
お越し下さりありがとうございます
ダメ人間なりに必死でやっています
楽しんで頂ければ幸いです
生きててごめんなさい、でも頑張ります

紙魚のことやダイスの神のことに関するアドバイス等ありましたら、是非お教え頂きたく思います。ただ、対人緊張症で温かいメールが来ても震え上がる情けなさなので、基本的に生暖かく見守ってやって下さい。
fukumotoshimiko@gmail.com

紙魚以外のこと
pixivのキャラクター図鑑(珍獣のイラスト等。現行の珍獣コンテンツ)
キャラクター図鑑(珍獣のイラスト等。珍獣コンテンツの元祖)
やりとかげ(珍獣が出てくる四コマ漫画)

 

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示